FINEST接遇パーサー養成プログラム


FINESTの接遇パーサー養成プログラム


接遇パーサーがぞくぞく誕生!


【接遇パーサー資格取得後の活躍事例】
●社内で育成部門を新規立ち上げし、その部門のリーダーとして任されました。
●店長として接遇パーサーの認定証を店に掲げることで、お客様に接遇力をアピール出来、自分自身も自信を持ってお客様対応やスタッフ指導にあたれるようになりました。
●企業で数十名単位で取得したことで、組織の中で接遇のリーダー層として発言力を持ち報酬もアップしました。

▼旅行代理店

●接遇パーサーになって受講前との変化は?
スタッフからの質問に自信を持って受け答え出来るようになった。
●全講座の中で一番印象深かったものは?
「社内インストラクター」講座で、テーマを与えられてすぐに発表し、それを動画で顧みることで、自分自身を客観的に見つめなおせた。

 

▼冠婚葬祭業

●接遇パーサーになって一番の変化は?
部下(特に若年層)に対しての接し方が大きく変わった。そのことによって、部下が自分について来てくれているのがよく分かる。
●全講座で一番印象深かったものは?
すべての講座です。特に、同じ仲間と意見を出し合い話合えたことで、お互いの成長に繋がったと感じる。

▼販売業(鉄道模型)

●接遇パーサーになって変わったことは?
他人から見られていることを意識し、お客様の目線で店内を見れるようになった。
●全講座の中で一番印象深かったのは?
全講座を終えての最後の最終プレゼンテーションのために行った他店穂視察です。多店舗のサービスを受けて自店舗との比較を行い、自分たちの店で何が足りないか、何をすべきかが分かった。


接遇パーサー養成プログラム誕生ストーリー



FINESTのポリシーとして「相談された案件は断らない」というものがあります。なぜなら、FINESTならできると思って依頼しているその期待に応えることが信頼関係を繋げると思うからです。そして実際そのような案件を多くご対応しているうちに、様々な研修が出来上がりました。

これらの研修を全て受講した企業があります。そしてその会社の店長が立派に成長した姿を見て、これらの研修を受講したあとには、顧客対応力、部下の指導力、折れない心を持った、真の人財育成に至ると気づいたのです。
それを接遇パーサーとして名付け、FINESTが自信を持って世に送り出す接遇資格として誕生しました。


接遇パーサー資格を取得する人は?


接遇パーサーとは

●接客時の対応の見本となり
●お客様対応の責任者となり
●社内で育成の指導者となる

飛行機の中でのパーサーの役割は、各クラスをまとめ役として他CAの見本となり、お客様対応では責任者です。お客様からの信頼を得て、スタッフの育成がを任せられる人財です。
各企業、店舗においても飛行機のパーサーの様な役割を担う人がいてくれれば、組織運営において最高のパフォーマンスを発揮できます。

FINESTでは、そのように社内の指導者、お客様対応の責任者となれる人材を接遇パーサーとして育成します。

接遇パーサー資格を取得すると、信頼を得て活躍の場が広がります。
接遇パーサーがいる企業は、スタッフが育ち下記がもたらされます。

このような方々が受講されています

「おもてなし」「接遇」に関連する資格が多くありますが、FINESTの接遇パーサーは真の実力が伴う資格としてステップ1~ステップ4とステージを進めていく中で、マインド面の強化としなやかな対応力を身に付け、それが現場で一番必要なスキルです。
実力が伴えば、今よりもっと自分にふさわしい部署や、職種に就くことも可能です。自分が活躍できる環境で自分が輝ける場所であなたのスキルと実力を活かしましょう。

企業の接遇のリーダー養成のために、個人のキャリアアップのために様々な目的でご受講されています。

【企業での受講】
・スタッフの指導を安心して任せられる人が欲しい。
・皆の見本や憧れとなる人が欲しい。
・接遇のプロがいることをお客様にアピールし、ブランドイメージを高めたい。
【個人の方】
・接遇パーサーの資格を、就活の際のアピールポイントにしたい。
・自分のスキルアップの為に資格を取得し、リーダーとして活躍したい。


接遇パーサーを取得するには


接遇パーサーになるための受講科目は、ステップ1~4へとそれぞれ内容がステップアップしていきます。

5つの難関を乗り越え接遇パーサーの真の実力を身に付ける

①トータル21時間の研修と②毎回の課題、③最終プレゼンテーションのための多店舗調査と④最終認定試験、更には修了後の⑤20日間のメール課題と盛りだくさんの内容で、接遇を指導する力と自信を身に付けます。

受講ステップ受講内容課題
ステップ1

6時間

(3時間×2)

接客マナーの基本と、接遇マナーのおもてなしの心を身に付ける。接客対応のメール課題
ステップ2

6時間

(3時間×2)

多様性の時代に対応すべく、様々なタイプ別のコミュニケーションの話法を実践練習する。

お客様に合わせたクレーム対応ができるようになる。

クレーム対応、タイプ別対応のメール課題
ステップ3

6時間

(3時間×2)

お客様が本当に求めているもの(ニーズ)を探り出し、成約に繋げる魔法の話法を学ぶ(接遇営業)。

電話応対やメールでのお客様対応の様々な事例を実践練習する。

電話応対実践課題
ステップ4

3時間

 

自分の身に付けたスキルを指導し、リーダーとして導くために、様々なリジェクション(拒絶)に強くなる心を培う。店舗調査

最終認定試験
これまでの学びの最終プレゼンテーションとして、多店舗調査での気付きを発表する。(認定試験)

*不合格の場合は何度でも再チャレンジができます。(別途再試験料がかかります。)

メール課題 20日間

認定試験に合格した方には接遇パーサーバッジと認定証を授与します。
この認定試験は、試験当日までに事前に他店舗視察の課題がでます。
他店舗視察からの学びを発表してもらい、FINEST講師陣の審査に通った方が合格となります。
この他店舗視察はFINESTがミステリー調査に使用するもので、専門的なチェック項目が入っています。

接遇パーサーとして独立したあとも、自店舗で使用することができる価値がある資料です。


接遇パーサー養成プログラム受講料


受講料(1名料金)

180,000円(税込198,000円)
●認定試験料(接遇パーサーバッジ、認定証・盾含む)
●認定試験再試験: 5,000円(税別)

*接遇パーサー養成プログラム受講前に下記の研修をご受講済みの方は、受講分の差額を差し引いた金額となります。
・接客マナー研修・接遇マナー研修
・コミュニケーション(BMC)研修
・リジェクション研修

お問い合わせ・お申込みはこちら

内容の必要事項をご記入の上送信ボタンを押してください。
*携帯電話から送信いただいている方に、弊社からの返信メールが届かないという事例がございます。
大変お手数をおかけしますが、携帯電話からのお問い合わせの方は、弊社PCメールfinest@finest.blush.jp からの受信ができるように設定をお願いいたします。

    会社名 (必須) ※個人の方は「個人」とご記入下さい

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    お問い合わせの種類
    ※以下お問い合わせの種類に☑を入れ(  )内をメッセージにご記入ください。

    題名

    メッセージ本文 ※600字以内でご記入ください

    送信時にチェックを入れてください。